神々が集う「しまね」の新開発の糸でできた布と東京「江戸小紋®」の染色技法とをコラボした、いままでにない新感覚の洋装レディースバッグ

開発元・むらたやの想い

むらたやロゴマークブランドの
バッグの商品開発をした

弊社きもの専門店・
株式会社むらたやの想い。

弊社は、島根県益田市にて創業し、2018年で80周年を迎える「きもの」の専門店です。 昨今、日本のものづくりの世界では、深刻な後継者不足の問題を抱えています。 特に、きもの業界では、多くの伝統工芸技術保持者の減少とその後継者育成の問題が深刻さを増しており、「ほんもの」を維持することや見つけることも今では非常に困難です。 そんな中、東京の「江戸小紋®」染と出会いました。柿渋を塗った高級な和紙に、伝統工芸の職人さんが細かい柄模様を彫刻刀で彫り、それを東京の伝統工芸士の資格を持つ職人さんが丁寧に染め上げていきます。 「江戸小紋®」は、まさに日本人ならではの匠の技です。 そして、「素敵なバッグを作る会社がある」「和紙や瓦から作った素晴らしい商品がある」ということを島根県から発信して行きたいと考えています。 「江戸小紋®」と、地元島根にたいする想いを込めて、今までのバッグ業界にはなかった、軽量でファッショナブルな新感覚の洋装レディースバッグを作り上げました。 島根の新素材と東京の伝統工芸「江戸小紋®」染をコラボしたバッグは、世界的にも認められていくと確信しています。 ぜひ、この新感覚のバッグをお手にとってご覧いただきますよう、心からお願い申し上げます。